STOP!FOODLOSS

使い切り・食べ切り・水切り

使い切り

誰しも一度は、冷蔵庫の中に食品を入れたまま、消費期限が切れてしまいやむなく捨ててしまった経験があると思います。それを防ぐためにも、食材は必要な分だけ買い、使い切ることを心がけましょう。
また、賞味期限と消費期限の違いについて理解しておくことも大切です。

賞味期限…美味しく食べることができる期限
消費期限…食べても安全な期限

つまり、賞味期限が切れても食べるに際して何ら問題はないのです。
賞味期限が切れたからといってすぐに捨てるのではなく、見た目や匂いで判断するようにしましょう。

食べ切り

お皿に盛られたご飯を食べ切ることができずに残してしまったこと、ありますよね。
必要な分だけ作ることも大切ですが、 余った際は、冷凍できそうなものは冷凍して別の日に食べましょう!
大根や人参などの葉はおひたしにしたり、お味噌汁に入れたり、かき揚げに入れたり、 様々な使い方があります。
少しずつ工夫していきましょう!

水切り

生ゴミのうち、その約 80%が水だと言われています。
生ゴミに水分がたくさん含まれていることによりゴミが重くなってしまい、ゴミ出しが大変になったり、ゴミが腐りやすくなってしまいます。
そうしないためにも、切りクズなどは切った後濡らさないようにしましょう!
ネットの中にゴミを入れ、絞り水を出し切りましょう。

ちょっとした一手間で環境に優しくなります。是非皆さんやってみてください!



前のページへ戻る戻る

紹介 ホーム 現状 身近なフードロス
取り組み まとめ サイトマップ 参考文献